2009年02月10日

大工さんの『かんな』

 毎年 4,5回 名古屋市や地元 中津川でイベントをしています。
そこで 特に人気があるのは、『かんながけ の 体験

名古屋のイベントでは、子供たちの行列が出来るほど 人気があります。
また 50、60歳くらいの方も興味深く見ています。

かんな体験.JPG
親父です。

僕の場合 小学生のころから 大工さんの工場と 自宅が隣接していたためか、当り前と思っていた、かんな仕事・・・・



親父の 道具を勝手に持ち出して使おうと、何度も思いましたが、
『絶対に 使うな!』と厳しく 躾けられていたので、中学校の技術の時間まで 使ったことがありませんでした。

学校では イッチョマエ(一人前のつもり)で かんなを 得意げに・・・
大工さんの姿が 必然と頭に入っていたので イメージトレーニングだけは、先生より 上手だったかも・・・

かんなに クズは詰まるし 逆目が出るし、全然 話にならなかった覚えがあります。

木を見る確かな目と かんなを上手に調整する技術 刃物を研ぐ技術・・・
全てが 経験・・・です。教えてもらっても 出来ません・・・


最近では プレハブ工法や 既製品の造作材が主流となり 街中での大工さんのかんなをかける 姿を見かけません。 かんなを使うかっこいい 大工さん、建築家 設計士・・・子供の目に焼き付けておきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ご協力を!!!!

posted by 熊澤建築事務所 at 11:28| 岐阜 🌁| Comment(0) | くまけんの職人技! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

古民家 玄関改修工事

 今年はじめから 近所の製材屋さんの自宅の玄関の 改修工事をさせていただいていました。
昭和初期に新築された 比較的新しいお宅です。
築約60年と 聞くととても古いように 思われる方も見えると思いますが・・・・加子母には普通に こんな家がたくさんあります。
古民家・・と呼ばれるには ちょっと早いような気もしますが・・・

皆さんは どのくらい経っている家をそう呼びますか?
難しいですね。


今回玄関の建具は アルミサッシでなく 木製の建具です。
木製建具が 最近 復活の兆しが見えますが・・・
それなりの 知識と技術がないと、

隙間風ピューピュー
建具が重くて動かない・・

なんて事に・・・・

こんな玄関がほしい方は、よく専門家にご相談くださいね。


にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村P1040931.JPG

posted by 熊澤建築事務所 at 09:06| 岐阜 ☔| Comment(0) | くまけんの職人技! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

伝統ある左官工事



先週より中津川市の I様宅では、左官仕上げ工事が始まりました。
写真はジュラク壁を塗っています。
最近では 新築の住宅でも 左官仕事が減ってきていると聞きますが・・・・

くまけんの家つくりでは 大工さんの工事の次に 重点を置く 大事な工事です。
左官壁が無い家は・・・ちょっと考えられないかも・・・

もうひとつの写真は、漆喰を練って 桶に入れてある写真ですが・・・
左官屋さんいわく 『作って寝かしておくと粘りが出て塗りやすい』 との事です。

本日 この漆喰も塗り始めました。
真っ白で 清潔感あふれる壁になります。

昔からある 職種・・・大工 左官 石屋 瓦屋・・・・
伝統ある 工種です。そんな職人たちを 尊敬します。


########  かしもの木の家  ########### 
食う寝る処は住む処

株式会社 熊 澤 建 築 事 務 所
0573-79-2875  Fax0573-79-2035 
E-mail kumaken@car.ocn.ne.jp
【 URL http://www.kumaken.info】 
####################################
200901231700000.jpg200901231653001.jpg
posted by 熊澤建築事務所 at 17:03| 岐阜 ☀| Comment(2) | くまけんの職人技! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

加子母ヒノキのテーブルA

 先日のレポートで紹介した 加子母のヒノキのテーブル。
現場 に 設置してきました。

引渡しも10日に控え 何とか??完成しました。
この ダイニングテーブルで お施主様の食事する姿を・・・・創造しただけでうれ
しくなります。

こうやって たくさんの加子母の木を使って 住宅を建てていただいたお施主様に 
大変感謝しています。
この 完成した建物の写真を 『製材屋』さん『きこり』さんに見せたいと思いま
す。


###  食う寝る処は住む処 ###
褐F澤建築事務所
WEB http://www.kumaken.info
TEL 0573-79-2875
FAX 0573-79-2035
### 使って減らそうCO2 ###
加子母ヒノキ.JPG
posted by 熊澤建築事務所 at 17:21| 岐阜 ☀| くまけんの職人技! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

大工さんの仕事

久しぶりの更新です 先日小さな井戸舟を造る機会がありました 写真は松の丸太をノミで彫っている工程です。写真のノミは刃渡りが約4センチあり 大きな材木、梁や桁などの仕口や継手を造るときに 欠かせない『たたきノミ』といいます。
僕の子供の頃は この大きなノミで 親父や大工さんが 工場で梁や桁など 刻んでいたのを今でも記憶の片隅に覚えています。

今は便利な プレカットと呼ばれる機械が一般的に主流になってますが 良いところも沢山ありますが、複雑な仕口や継手はできません。いかに丈夫で頑固な継手が出来るか?
昔の大工さんは腕を競いあって家を造っていたんではないでしょうか 昔と言っても十数年前までは こんな風景は当たり前でしたが… かしもの木の家はこの伝統ある技を受け継いだ職人が後継者を育てながら 頑張っています。
ちなみに前紹介した ローコストのコテージも手間隙かけて手で刻んだんですよ
いかに丈夫で頑固な骨組みになるか? 腕の振りどころですね
200810281659001.jpg200810291117000.jpg200810291134000.jpg200810291200000.jpg
posted by 熊澤建築事務所 at 03:54| 岐阜 ☁| くまけんの職人技! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。